銀行と消費者金融ならどちらが早く借りられる?

早く借りられる金融機関は消費者金融、金利は低いけれどお金を借りるまでに時間がかかるのは銀行、この概念は一旦取り払ったほうが良さそうですね。カードローン商品によっては、この概念が逆になるようなことも起きています。

 

銀行のローンは、申し込みのために準備する書類が多く審査も時間がかかると思い込んでいらっしゃいませんか?しかし、銀行カードローンに限っては申し込みに必要な書類は本人確認書類と所得証明書のみというものがほとんどです。さらに限度額によっては所得証明書不要で申し込みができる場合も多いのです。また、審査時間も大変短くなっています。即日審査ができる銀行カードローンも少なくありませんから、早く借りたい時でも銀行での借り入れで十分対応できることもありそうです。

 

それでも、銀行カードローンによっては銀行の普通預金口座の開設が条件となっているものもあります。これなら時間がかかってしまいますね。一方の消費者金融は、審査時間に関しては十分な速さを誇るものでしょう。30分ほどが最短の審査時間のところがほとんどです。貸し付けに業務を特化している消費者金融だからこそできること、と言ってもよいでしょう。

 

また、消費者金融で気になる点は金利の高さでしょうか。この点も今なら安心して利用できますよ。グレーゾーン金利等は一切廃止され、利息は法律によって借入額に応じて定められています。これを超える金利を設定した消費者金融等の貸金業者は罰を受けることになるため、決して違反することはありません。

 

どちらが早く借りられるか、と金融機関を比較することは今ではあまりお勧めできないことなのかもしれません。各ローン商品を比較し、借り入れまでの速度と金利のバランスなどが自分にピッタリのものを選ぶべきでしょう。

 

キャッシング初心者でも安心して利用できる銀行のカードローンはなに?

業界最低水準の低金利を誇るオリックス銀行カードローンは、金利の低さだけではなく、返済がしやすいようにと最低返済額も業界最低水準!例えば、借入残高30万円以下なら月々の返済は7,000円と返済しやすい金額だからキャッシング初心者で返済計画が立てにくい、という方や月々の返済額を極力抑えたい、という方でも利用しやすいカードローンとなっています。

 

初めは「急場を凌ぐためだけに1回だけ使う」と思ってカードローンを作ったものの、一度作ると2回、3回……と便利さゆえに繰り返し使う方が多い、という統計があります。また、追加融資を受けないにしても返済の度に振込手数料やATM手数料がかかると完済するまでに結構な手数料を払うことになる、ということも珍しくありません。

 

ですが、オリックス銀行カードローンなら終日手数料無料で利用できるATMが全国に8,900台以上あるので、返済時も借入時も手数料のことを気にすることなく利用することができます。ちなみに、銀行のカードローンといえば10,000円単位の借り入れしかできない、と思っている方もいるようですが、オリックス銀行カードローンは1,000円単位で借入できるので、ちょっとだけ足りない!という時にも大変便利です。

 

オリックス銀行カードローンは、来店不要・口座開設不要・担保不要ですし、融資希望額が300万円以下であれば原則所得証明書不要で作ることができるので急いてカードローンを作りたい&面倒な手続きは苦手という方にもオススメです。

 

キャッシング初心者にとって、カードローンの申込みは、ちょっと躊躇してしまう、壁を感じる……かもしれません。そんなキャッシング初心者から人気が高いのが、誰もが知っているといっても過言ではない楽天銀行が提供する「楽天銀行 スーパーローン」です。知名度&実績&信頼性の高さから初心者でも安心して利用できる、ということなのでしょうが、スペックの高さ、サービス内容にも一目置かれています。

 

最高融資額は、ゆとりの500万円で、年利は4.9%〜14.5%と上限金利・下限金利共に業界トップクラス!楽天銀行 スーパーローンなら上限金利で30日間10万円借りたとしても金利は1,191円とリーズナブルです。ですから、何百万円も借りる予定はないけれど数十万円借りたいので上限金利が低いカードローンを探している、という方にもオススメですが下限金利も低く500万円まで借りることができるのでおまとめローンや借り換えローンとして利用されること方もたくさんいらっしゃいます。

 

楽天銀行 スーパーローンの借入&返済はパソコンや携帯などインターネットから24時間いつでも利用することもできます。また、楽天銀行のマークが付いた全国のコンビニATMやイオン銀行ATMなど無料で利用できる提携ATMも全国に80,000台以上あるので外出先でちょっとお金が足りなくなった、という時にも便利です。

 

今なら、入会すると楽天スーパーポイント1,000ポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。

 

主婦の味方&庶民の味方といえば、イオンというくらい身近な存在のイオンですが、イオン銀行カードローンBIGも主婦&庶民の強い味方!また、キャッシング初心者でも安心して利用できる銀行カードローンとして大変人気があります。

 

銀行カードローンは総量規制ですから、本来であれば収入のない専業主婦でも利用できることになってはいますが、実際のところ専業主婦にも積極的にカードローンを提供している銀行は少ないです。

 

そんな中、主婦の強い味方であるイオン銀行ではカードローンBIGの利用を専業主婦にも認めていますし、配偶者の同意書や収入証明書の提出なしに申込み&利用することができます。ちなみに、イオン銀行カードローンBIGの最高融資額は800万円となっていますが、無収入である専業主婦に設定される最高融資額は50万円までと決められています。しかし、専業主婦が利用できるカードローンが少ないなか専業主婦が気軽に利用できるシステムを導入し、50万円までの利用を認めているのですからありがたいですよね。

 

もちろん、専業主婦以外にも優しいカードローンとなっていて、年利は3.8%〜13.8%と低金利ですし、100万円以下の申込みの場合収入証明書の提出不要、と申込み手続きも簡単です。さらに借入額が10万円以下なら月々の返済は3,000円と最低返済額も低めに設定されているので無理なく返済を続けることが出来る、とサラリーマンの利用者も多い人気のカードローンです。

 

 

キャッシングの年率とは何のこと?

消費者金融を利用するときには金利をよく比較しなくてはなりません。
ところが、金利という言葉を使っている消費者金融は少なくなっており、実質年率、借入利率という言葉が使われるようになりました。
いずれも金利を指しています。

 

金利とは借入残高に対して年間にかかる利息の割合です。
キャッシングをすると借入残高が増えます。
利用日数が長くなると利息も増えます。
金利だけではなく、利息を計算するために必要な項目には何があるのかも確認しておかなくてはなりません。

 

金利を比較することは重要ではあるものの、それ以外にも重要な項目があります。
利息を計算するために確かに金利は必要ですが、それ以上に利用日数を節約することが大切です。

 

所得証明書とカードローン

お金を借りる時に金融機関に必ず求められるものといえば、所得や収入を明らかにする書類でしょう。金融機関にしてみれば収入が分からない申し込み者にお金を貸すことはできませんし、いくら貸せば確実に返済できるのかを知ることもできません。

 

しかし、金融機関には独自の方法があり、申し込み者が企業などに勤めているのなら大まかにその収入を把握できるようになっています。これによってカードローンなどの審査時間が大きく短縮できるようになっているのです。

 

また、一定の限度額以下の申し込みならば、この把握できた収入で貸付額などを決定しあえて収入証明書や所得証明書を提出することもありません。この一定額以下で申し込みをするようにすると、手間が省けてより早い借り入れが実現するということになるのです。

 

ローンを申し込む時には必ず所得証明書を準備しなければいけないということではありません。申し込み者によっては、簡単に所得証明書を準備できないこともあるでしょう。こんな時に所得証明書などを提出しなくてもよいカードローンを探すことで、準備時間を短縮することができるのです。

 

所得証明書を提出する限度額がかなり大きいカードローンなどもあります。楽天銀行やオリックス銀行のカードローンでは限度額が300万円を超える場合でなければ所得証明書の提出は不要です。

 

急いでカードローンを利用したい方は、早く申し込みをしてしまいたいものですが、借り入れに関しては急がば回れが成功の秘訣となることも多いのです。借りるだけではなくその後の返済などもずっとついてくるのがローンですから、申し込みや借り入れ方法だけでなく返済方法などまで気を配っておくほうがよいでしょう。